« すごい結果です | トップページ | 沖縄セミナー7日間開催中! »

2013年4月11日 (木)

永年作物のお茶もこんな早く改善されるぞ!

40日前のあの赤く焼けた根・樹勢はかなり悪く!人で言ったら入院が必要な状態かなぁ? 
そんな不良地をあえて選ぶ弊社です。
ご存知だと思いますが、お茶は新植して稼げる園にするまで3年~4年はかかります。
それまでの投資と月日を考えると、生育不良園を治す方が得策と考えるからだ!

現地に出向きまずは、聴診器で診断(お茶の木とお話をするの)問診!
次に、血液検査(汁液濃度から各成分濃度を調べる)!
葉の数・幹の本数・葉の大きさ・厚さなどを記録 最後に根を記録して、精密分析

数日後、検査結果をもとに処方です。 今回は、あまりにも堆肥の入れすぎで保水性を
壊したようですので、苦土石灰とレストST-1000 、葉から根に植物酸や根酸が出やすくする
ためにミラクルカルを数回側面散布をしてもらいました。

40日目で、ほとんどまともな根がなかったが、畝一面にバリバリ音がなるほど根のじゅうたんが張り巡っていました。今年は前期60日間は養分をしっかり吸わせるための根づくり
60日後より本格的に養分を吸わせ樹勢を回復させていく治療計画です。

2_2

|

« すごい結果です | トップページ | 沖縄セミナー7日間開催中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すごい結果です | トップページ | 沖縄セミナー7日間開催中! »